葬儀費用に関する遺産問題

葬儀費用に関することも、遺産問題になる可能性があります。葬儀のための費用は相続する財産から差し引くことができますが、あまりにも費用が高額となるものや葬儀の費用として認められないものもあるので注意しなくてはなりません。相続する財産から差し引ける葬儀費用は、本葬儀、お通夜、お布施、葬儀会場、通夜の会食に使った費用などです。後で詳しく計算できるように、領主書などをもらって保管しておく必要があります。葬儀費用として認められないものは、香典の払戻、墓地、仏具、初七日と四九日法要などです。

故人の希望で盛大な葬儀を行っても問題となることがあるので、事前に故人の希望であることを関係者に伝え、どの位の費用になるのかを教えて了承してもらうなどの手回しをしておくことが大切です。特に豪華なプランを選んだつもりはなくても、後で他の親族から費用を掛け過ぎだと言われる可能性も考えられるので、気を付けなくてはなりません。

葬儀に使ったお金が原因で遺産問題を発生させないためには、親戚で分ける財産で葬儀を執り行うという意識を持つことが大切です。少し位なら自分が負担しても良いと思ってきちんと費用の管理をしておかないと問題が起きてしまいます。