葬儀と共に遺産問題にも注意が必要

無事に葬儀が済んでも、気を抜いてはいけません。関係者が協力して立派な葬儀が出来ても、遺産の分け方で遺産問題が起こることがあります。特に亡くなった方が多額の遺産を持っていた場合などは、遺産問題が起きないように配慮しなくてはなりません。遺産問題は、遺産を巡って親族同士が争うことです。誰もが避けたいと思うでしょうが、兎に角多くの遺産をもらいたいと考える人がいると起こり得る問題です。民法に定められた方法にしたがって遺産を分けるのが一般的ですが、必ずしも民法の方法に従う必要がないために問題が発生する余地があります。

基本的には相続人間の話し合いで遺産問題は解決するべきですが、解決しない状態が続くようであれば裁判所に申し立てをするしかなくなります。裁判所に申し立てしてもいきなり裁判になるのではなく、まず行われるのが家庭裁判所で調停委員会が当事者間に介入して話し合いをする遺産分割調停です。

当事者だけではなく調停委員会が加わることで話し合いが進展することが期待されますが、解決できないようなら遺産分割審判となり裁判官が結論を出すことになります。裁判所が関与することになると、費用も手間も余計に掛かってしまいます。